中部ポケサー連盟春の交流会2017

中ポケ連交流会2017春

またまたお久しぶりです。どうもぶちょーです。

相変わらず忙しくてまともにイベントも開けない日々ですが頑張って生きてます。

さてさて今回の記事は3/12に行われた中部ポケサー連盟交流会で使用した構築になります。
時間がなくて交流会専用PTが組めず、レートで使用していた構築をそのまま持ってきました。
今回のPTはレートでは結構頑張れていたのですが、交流会では振るわないどころか予選ブロック最下位で全敗厨トーナメントにまで進んでしまいました←
このPTで最後にレートに潜ったのは2/28、レートは1788止まりでした。これでもシングル過去最高レート
今シーズンももうすぐ終わるのでもう少し潜りたいですが何とも言えません。

今回のPTのコンセプトは流行りのフェアリーをメガフシギバナで狩りつつ他のポケモンで苦手をカバー、でした。
が、王者ガブリアスを陥落させたカプ・テテフの脅威やリザードンの増加の煽りを受けて当初の予定とは異なる立ち回りをすることが多かったです。
テテフが重いことは最初からわかっていたのではがね枠を2匹にしたのですが、そのおかげでリザードン、バシャーモ、ウルガモスがわんさか出てきて辛かったです。
一応ゴウカザルやガブリアスでその辺の対策もしていたので逆に呼び込んで狩る、といった動きもできました。
それでは、個々のポケモンの紹介へ。


ゴウカザル(タイセイ)@きあいのタスキ
むじゃき A252 C4 S252
オーバーヒート インファイト がんせきふうじ めざめるパワー(こおり)
今回の相棒枠。
東海シングルフェスタで使ったゴウカザルでマンダの対処に困ったので新たに育成しためざ氷個体。
交流会予選では岩封を外したり、岩封+もうかオバヒでサンダーを倒せなかったりで散々でしたが、全敗厨初戦で見事3タテを決めました。
もっと早く活躍してくれてもよかったのよ…
レートでは主に初手の斥候として出すことが多く、何故かゴウカザルの前で悠長に積み出すリザードンやウルガモスをわからせることが多かったです。
選出率もそれなりに高く、今までのゴウカザルたち以上に活躍してくれた感があります。
レートでも何度か3タテを決めてくれました。
なおU-V-U-V-V-Vのめざ氷完全理想個体でした。

ガブリアス(アビス)@こだわりスカーフ
いじっぱり A252 D4 S252
げきりん じしん いわなだれ どくづき
一般的なスカガブ。
ゴウカザルの次ぐらいに好きなポケモンなのでまたまた採用。
やはり10年間王座を守り続けただけあって安定感が違いますね。
交流会では火力を信じ切れずに引っ込めて負け筋を作った試合もありました。無念。
ただ、いわなだれを2回ほど外したり5回ぐらい撃ったにも関わらず1回も怯ませられないなど、運に泣かされる場面も多かったです。
レートでは初手壁コケコやゲンガーへの奇襲や終盤の掃除役として活躍してくれました。
どくづきを使う機会はほとんどありませんが、まれに刺さることがあるので中々切れません。
この主人公、やっぱつえーわ

フシギバナ(イワン)@フシギバナイト
ずぶとい H252 B204 D52
ギガドレイン ヘドロばくだん めざめるパワー(ほのお) こうごうせい
このPTを作るきっかけになったポケモン。
上にも書きましたが、フェアリー多いし強いやろ!と思いましたがテテフが多すぎます。辛いです←
ファイアローが激減したのは追い風ですが、やはりテテフが辛いです←
交流会ではオニゴーリにフリドラで凍らされたり溶けて反撃したりまた凍らされたりと中々辛かったです。
レートではリザXやガモスには格好の起点にされ、Yにも殴り負けるので想定したほど選出率は高くはなかったです。
ただ、バナのプレッシャーか、ゴウカザル、ガブリアスが併せているせいか、テテフを非常に呼んだため、後述のはがね2枠の活躍の機会が多かったです。

ギルガルド(ブルースター)@カクトウZ
いじっぱり H220 A236 S52
アイアンヘッド かげうち せいなるつるぎ つるぎのまい
テテフ及びポリ2対策枠。
1舞Z聖剣でHB特化奇石ポリ2が余裕の確1。
2舞すれば通常の聖剣で倒せます。
交流会ではオニゴーリを倒すために積みまくってZ聖剣で倒そうとしましたが麻痺に泣かされあえなく敗北。
レートでは選出率が最も低いものの、受けループ相手に積んで全抜きをしたり、役割対象のポリ2を倒したりといい仕事はしてくれました。
やどみがテッカグヤ相手に読み勝って倒したのも気持ちよかったですね。

テッカグヤ@とつげきチョッキ
ゆうかん H244 A140 B116 C4 D4
ヘビーボンバー じしん かえんほうしゃ ギガドレイン
テテフ対策筆頭及び両受け。
チョッキのおかげでテテフの攻撃は余裕をもって耐えられます。
放射やギガドレでマンムーやナットレイ、カバルドンにも強く出られます。
交流会では目立った活躍をさせられませんでした…
レートでは役割対象のテテフを倒すためにかなりの選出率を誇りました。
1匹倒せばビーストブーストでAが上がるのでそのまま全抜き、といった展開もありました。
今は型を少し変えようか考え中です。

カプ・レヒレ@たべのこし
ずぶとい H252 B204 C4 D36 S12
なみのり ムーンフォース ちょうはつ しぜんのいかり
マンダ及びポリ2対策枠。
物理耐久は1舞特化メガマンダのすてみタックル耐えにしたはずです。
持ち物は特に思いつかなかったので残飯です←
交流会ではやはり目立った活躍がなく、残念でした。
レートではマンダやカバルドンの相手をすることが多く、対砂パではよく選出しました。
地味に残飯が役立つことも多かったので、結果的には正解だったと思えます。


…とまあ、レートでは結構頑張れたPTだったのですが、交流会では予選2勝4敗の最下位という悲しい結果となりました。
個人的には対面構築や積みサイクルよりは普通のサイクルパの方が使いやすい感があるのでこのPTは自分に合っていたのかな、と思います。
耐久寄りなポケモンが多いので、多少攻撃的な受けループに近いのかもしれません。
でも俺は受けループが苦手です。

結局JPLとしての活動が全然できていないのでそろそろ何か企画してみようかと思います。
俺の心が折れないように皆応援よろしく←

忙しくても楽しいポケモンライフを送りたいものです。
以上、タクリオスでした。
Calendar
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

城薬ポケモン研究所(JPL)

城薬ポケモン研究所(JPL)
名城大学薬学部(非公式)ポケモンサークルです。部員募集中!

Counter
Twitter

Twitter Reload

New
Comment
Archive
Category
Link
Search