スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるみの終焉 -Better End- 中編(WC決定戦編)

半日ぶりです、あるみ、もとい風氏です!約半日ぶりでございます
さっきと逆で行くスタンス

さて、今度はWC決定戦についてをお届けします!



とはいっても、構築の内容自体はほとんど変わりません。
もともとサナロップを変えるつもりはなかったですしね。

では、何を改築したか。内容は1つ。
スカーフランドロスどうすんの委員会、設立
ハハッ

…というわけでこんな感じになりました。
PCL2015WC.png

サーナイト、ミミロップ、サンダー、ハッサムは続投。
ゲッコウガ→サザンドラ
ガブリアス→ランドロス


サザンドラ(コンチータ)@珠
ひかえめHCS調整
悪波・大文字・波乗り・みがわり

食らい尽くせ この世の全て
いつだったかどっかで見た「机上論ではバシャサンダーナットを見れる」サザンドラを、大地の力を波乗りに変更したもの。
波乗りは誰意識かって?そりゃもちろんランドロスですよ?
バシャなら波乗りでも大地の力でも変わりませんしね!!!



ランドロス(ロンド)@タスキ
いじっぱりASぶっぱ
地震・岩封・はたき・ステロ

NN由来の曲がこいつと似合わなさすぎる件
いかくによる火力下げとはたきでスカーフを奪ってやろうと思ったり。
あとはまあ火力の高さとかステロとか←


ちなみに選出率はこんな感じでした
サーナイト 1/3
ミミロップ 2/3
サザンドラ 0/3
ランドロス 1/3
サンダー 3/3
ハッサム 2/3
あれ、また過労死枠が…


結果は2勝1敗、見事本選最後の切符をつかみ取ったわけでございます!
印象に残っているのはサンダーとミミロップですね。
まずサンダーはほんと安定した強さを見せてくれました、何気に特殊相手にも繰り出したりしてました←
ミミロップは…うん、芸人。しかし最後勝ちをつかみ取ってくれたので恨めないんですよねー
トレーナーのテンションを落として上げていくスタンス


さて、今回はこの辺で
次回、後編、最初からあいつを使っておけばよかった
多分数日後になると思います、お楽しみに!
おやすミクー!!





Q.あれでランドロス対策できてるんすか?
A.\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
スポンサーサイト

あるみの終焉 -Better End- 前編(予選編)

ども、みなさんこんにちは、かぜし、もといあるみでございます。
先日、ゲームセンターで宇宙の旅、夜明け前の殺人ビート、真っ赤な譜面を楽しんでまいりました。
これだけで何のことか分かったら相当な音ゲ勢、友達になろう((


長かったPCLの戦いも、ようやく終わりました。
正直、ここまで来れるとは思ってもいませんでした。
ポケモンについて、自分ではそこそこ知識はある方だと思ってはいますが、実戦経験については圧倒的に少ないです。まあ実家に行かないと対戦環境がないので仕方ないですが。

さて、今回はPCL通して使用したパーティの紹介になります。
ようやくですね。





今回も見事PCL代表となったわけですが、どんな構築にするかは非常に悩みました。
案としては、
・去年も使用してそこそこ良かったサザンガルド軸
・ガルモン(脳筋)
なども出たのですが、前者は今の環境だと意外に回しにくかったり、後者は使用経験があまりないのもあってメタられることも多々あって、どちらもいい印象が持てませんでした。
じゃあどうしようと思った時に、思い浮かんだあの構築。

…そうだ、勝ち負けよりも自分の見つけた組合せ、自分の信じたポケモンを使おう。
というわけで、サナロップ再構築というお話になったわけでございます。
なんだそれ?って方はこちらをどうぞ。
説明が面倒



では、まず予選で使用したパーティから
PCL2015予選

やっぱり得意だし大好きなサイクル戦思考でパーティーを組みました。主軸はサーナイトとミミロップで、有利対面から殴って負担をかけていくのが基本。
しかしこの2匹では負担をかけれても1発で落とすには微妙に火力が足りないし、お互いの苦手なポケモンはよく対処できるものの一貫する技は多いのが難点。
そのためステロ要因ガブ、掃除要因ハッサム、弱点の少ない受け用ポケモンとしてサンダーを採用。ゲッコウガは悪技が欲しい+フェアリー、ほのおの方に圧力をかけるために採用しました。
では、個別紹介です。


1.サーナイト(ミク)@スカーフ 選出9/9
おくびょうほぼCSぶっぱ
ムンフォ・サイキネ・きあいだま・トリック

今回のメイン1、安定の嫁枠。
あっちの記事では「タスキサナ刺さるワロスwwww」でしたが、汎用性を考えてスカーフに。
上から奇襲をかけつつ、きあいだまを持たせることでなんとあのメガガルを親子愛きあいだまで確1にできる奇跡の子。
実際予選ではかなりいい仕事をしてくれた、予選編MVP。
そして見ての通り予選9戦すべてに選出した過労死枠(重要)
上からフェアリー技打てるだけで強かったですし、思った以上に相手がメガサナだと勘違いしてトリックが良く刺さったのもうれしいところ。
さすが嫁。早くエルレイドと結婚しろ。



2.ミミロップ(ラウジーカ)@ナイト 選出3/9
ようきASぶっぱ
ねこだま・飛び膝・冷パン・身代わり

君は知らぬ誰かと 虹を描いてる頃だろう…

今回のメガ枠。思えば発表直後からずっと注目してた。
メガ枠とは言っても別に圧倒的火力を押し付けるエースではなく、サーナイト共々サイクル戦の上での負担かけが役割。
出番はあまりなかったものの、出せば一応の仕事はしてくれたし、身代わりは入れておいて損はなかった。
NNの曲共々もっと評価されるべき。



3.ガブリアス(フューギ)@タスキ 選出4/9
ようきSぶっぱ残りHA
地震・岩封・ステロ・吠える

NNの曲が離婚に関することだって最近知った。
サイクル上欲しいステロ展開要因。以前はラグラージで行っていたもののPCLでうまく回せるか分からなかったので汎用性高いこっちを採用。
なぜげきりんを切ったかと言うと、全体としてフェアリーが重かったのでロックされたくなかったことが一番の理由。特にサーナイト使ってる身としてよくガブの竜技釣って無償降臨させるので、自分はそれやられたくないなあと。
しかしさすが主人公と呼ばれるだけあってやりますねえ!



4.ゲッコウガ(Ninja1)@珠 選出2/9
むじゃきCSベース
ドロポン・ダスト・れいビ・悪波

NN由来はあんまり触れたくないかも(デPですって言えば分かるっしょ)
単純に悪技打てる広範囲アタッカーが欲しかっただけ。ついでにダストやれいビも撃てる。
ただこいつはあまり目立った活躍はしなかった印象。てか選出した試合は全負け



5.サンダー(ダイム)@ゴツメ 選出5/9
ずぶといHBぶっぱ
ボルチェン・熱風・めざ氷(どくどく)・羽休め

デンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイムデンパラダイム(殴
厳選開始1時間で出た4V1Uサンダー(UなのはSの方)
トンボルチェンの一角と物理受けがお仕事。
初めて使ったので不安でしたが、実際はさすが、おそろしいもんでした…強い。雑に1発受けていって雑にボルチェンするだけで強い←
実は試合ごとにどくどくとめざ氷は変えてましたが、1度も毒は撒きませんでした((




6.ハッサム(フライトレス)@鉢巻 選出4/9
いじっぱりHAベース
バレパン・石火・馬鹿力・蜻蛉

こんなにも理不尽な世界を僕は…

最後の掃除、かつトンボルチェン要因。あとは耐性を盾に受け出ししたり。
正直ここまで石火が使えるとは思ってなかったマン。
最後に繰り出すにはピッタリでした。こいつのおかげでサナロップが安定して勝ててると言っていい。
というかこの子もサナロップ結成の時からずっといるので、サナロップハッサムのトリオの方が名前としてはふさわしいのかも。
アローでも良くねとかはちょいちょい思ってしまう←
あと、オフの時の最終戦で同じ鉢巻ハッサムに出会って盛り上がったのは内緒の話。




以上です。(長かった)
で、勝敗は以前言ったように、5勝4敗でした。
実はこのパーティ、数日前に
「あれ、これスカーフランドロスどうすんの???」
という事件が発生しましてオワコンじゃねとか言う意見も出ました。実際1度タテられました。
その対戦相手さんからはいまだに煽られているとかいないとか



勝率はそこそこだったものの、何とかWC決定戦に滑り込んだわけです。
では次にWCの時の話をしようと思いますが、やっぱり文がクソ長くなったので今回はこの辺で。
次回、中編・ミミロップはやっぱりビッチ?
お楽しみに!

部長の威厳()

ずいぶんお久しぶりです。どうもぶちょーです。

長かった今年のPCLも終わり、リアル生活の忙しさも今週で一段落付きそうです。
さて今回の雑記は俺がPCLで使ったポケモンたちを紹介していこうと思います。
誰得

今年も去年と変わらずダブルの代表を務めました。
今回使ったPTは主に2つありました。
PT1:サルサナ
PT2:雨パ
となっています。それぞれざっと紹介します。


PT1
俗に言うサルサナ構築です。
テンプレな組み方とは少し違いましたが、やはりゴウカザルとメガサーナイトは相性が良かったです。
最高レート1788(自己最高)

ゴウカザル(タイセイ)@きあいのタスキ
ねっぷう くさむすび ねこだまし アンコール
(ワイルドカードからアンコールをファストガードに変更)
本戦3戦目まで使っていた特殊サポート寄りゴウカザル。
ねっぷうで割と火傷を引いてくれた自覚溢れる相棒。
インファイトが欲しくなる場面が多かったので別の個体に変更しました。
↓本戦4戦目から
ゴウカザル(ヘンゲ)@きあいのタスキ
ねっぷう インファイト めざめるパワー(こおり) ねこだまし
最近のダブルはスタンパに近いPTがかなり多くなったのでガルーラ、ランドロスに対抗しやすいように両刀に変更。
ファスガが欲しくなることもありそうですが、しばらくはこのまま使っていきます。

サーナイト(レゾナンス)@サーナイトナイト
サイコキネシス ハイパーボイス 10まんボルト まもる
ありがちなサーナイト。
努力値調整も某育成論からもらいました。
最近はハイボの通りがあまりよくないのでこのPTのエースにも関わらず選出率が低下気味…

ガブリアス(おろし)@ラムのみ
ドラゴンクロー じしん いわなだれ まもる
普通のASガブ。
火力も特性もランドロスに一歩劣る感が否めませんが、個人的にガブが好きなので使い続けました。
いずれまたメガガブも使いたい。

ハッサム(ミンミン)@オッカのみ
とんぼがえり バレットパンチ はねやすめ つるぎのまい
XY時代からお世話になっているハッサム。
オッカの発動機会は少ないですが、いい感じになってくれることも多いので外せません。

ニャオニクス♂(クリサリス)@ひかりのねんど
リフレクター ひかりのかべ ファストガード でんじは
ありがちなサポート特化ニャオニクス。
両壁を使う旨味が薄くなってきたこと、相手に放置されて置物と化すことが多かったため解雇。
いずれ別のPTで使いたいです。
↓ワイルドカードから
エルフーン(アリエス)@メンタルハーブ
おいかぜ ちょうはつ アンコール ひかりのかべ
PT全体で微妙なSを操作するのにでんじはからおいかぜに変更。
エルフーンを使っていると何故かニャオニクスより放置されにくい気がします。
ひかりのかべはおきみやげに変更しようか考え中。

Wロトム(にそうしき)@オボンのみ
ほうでん ハイドロポンプ ボルトチェンジ おにび
ガブと並べて全体技を打ちたかったHCベースのミトム。
火力はそれなりに出ますが耐久が心もとなくなってしまったので型を変更。
ドロポンとおにびを外しまくった戦犯
↓本戦4戦目から
Wロトム(キニナルキ)@オボンのみ
10まんボルト ハイドロポンプ ボルトチェンジ おにび
耐久調整を施したミトムに変更。
この方が受け出しもしやすいので使い勝手はよさそうです。


PT2
パッと見雨パに見えにくいように意識しました。
ただ、バレているときはすぐに対策を打たれるので若干ピーキーなPTとなりました。
最高レート1670前後

メタグロス(ザムザザー)@ラムのみ
コメットパンチ しねんのずつき れいとうパンチ バレットパンチ
メガ枠偽装。
エースがきついモロバレルへ対抗する駒の1匹。

Hロトム(すちぃむ)@オボンのみ
10まんボルト オーバーヒート ボルトチェンジ おにび
モロバレルに対抗したい駒その2。
雨パとヒートムは地味に相性がいいです。

ラグラージ(さらまんどら)@ラグラージナイト
たきのぼり じしん いわなだれ まもる
このPTのエース。
雨始動要員のサポートを受け火力お化けになります(うまくいくとは言ってない)。

クレッフィ(カードキー)@しめったいわ
あまごい しんぴのまもり いばる でんじは
このPTの中心となるポケモン。
あまごい+いば神秘でラグラージを始め物理アタッカーをサポートします。
どうしようもなくなったら運ゲー

トゲキッス(ノーマル())@たべのこし
マジカルシャイン エアスラッシュ ねっぷう でんじは
モロバレルに(ry
選出機会がダントツで低い悲しいポケモン。
そして自覚が足りない←

ローブシン(トウリョウ)@とつげきチョッキ
ドレインパンチ はたきおとす れいとうパンチ マッハパンチ
かつてのオヤカタの跡を継ぐ2代目ブシン。
ただし特性はこんじょうに変更しています。



大体このような感じになります。
ちなみにPCL中の使用回数はPT1(中部6回、ワイルドカード3回、本戦5回)、PT2(中部3回)となりました。


本戦期間はリアルが非常に忙しく、試運転をする暇もなくふがいない結果に終わったことが非常に残念でした。
中部予選のオフ会では非常に調子がよかっただけに悔しかったです。
今週を乗り切れば多少は暇ができそうなのでまたレートに潜っていきたいです。

以上、タクリオスでした。

今年のPCL結果

先日全国PCL本戦Cリーグの全行程が終了しました。

今年は念願の初となる全国出場を成し遂げたJPLですが、本戦の結果は1勝4敗でCリーグ敗退となりました。
やはり全国に出場されたサークルはどこも強く、現在のJPLの実力では対等な戦いには一歩及びませんでした。

しかし、ここでめげることなく来年に向けて努力をしていきたいと思います。
長い間応援ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


PCL2015 JPL戦績
中部予選 6勝3敗 4位
ワイルドカード決定戦 2勝1敗 3位
本戦Cリーグ 1勝4敗 6位
Calendar
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile

城薬ポケモン研究所(JPL)

城薬ポケモン研究所(JPL)
名城大学薬学部(非公式)ポケモンサークルです。部員募集中!

Counter
Twitter

Twitter Reload

New
Comment
Archive
Category
Link
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。